img_02

葬儀は自由におこなってもいい時代になりました

従来の葬儀の形式を嫌い、自分らしさを葬儀にも求める人がたくさん増えています。
これまでは生前から葬儀について考えるのは縁起が悪いという風潮がありましたが、現在では事前に葬儀会社と相談して自らの葬式のスタイルについて決めておくという人もいます。



宗教離れが進む昨今において、最期の場面においても自らのライフスタイルを反映したいと願う人が増えるのは、ある意味当然といえば当然なのでしょう。

葬儀会社のほうでもこのような世の中の意識の変化を受けて、現在ではさまざまな形式の葬儀を用意しているところが増えています。

伝統的な形式にこだわらず、故人の思い出の写真をプロジェクターで映し出したり、ゆかりの品々を展示したり、好きだった音楽を会場で流したりと趣向を凝らしたプログラムにしているところも少なくありません。



また完全に宗教色を排除した「お別れ会」の形式では従来の葬祭会場ではなくホテルのホールなどを利用しておこなうこともあります。祭壇の様式なども従来の白木で作られたものではなく、色とりどりの生け花を用いて作られているなど自由なアレンジのものが提案されています。


これまでは葬式といえばこういうものだと決められていました。それが最近ではそれぞれが自由にしてもいいものなのだというように考えられ始めたことが、このようなさまざまな葬儀のスタイルを生み出す原因となっています。



ただし従来からの概念を持ったままの人もまだまだ多いでしょうから、ユニークな葬式にしたいと願っている人は、後に残された人の負担も十分に考慮してしっかりと準備しておくことが大切です。

北海道で遺品整理に関する情報を紹介するサイトです。

このサイトで遺品整理の相模原の人気度が上昇しています。

真剣に樹木葬情報を利用してみませんか?